一般社団法人 不動産協会

 不動産協会は、都市の開発や魅力的なまちづくりに取り組む企業により構成される団体です。会員企業は、良質なオフィス・住宅の供給、住宅ストックの円滑な流通等に努めておりますが、当協会では、これらの事業を会員企業が積極的、効果的に推進できるよう、不動産関連諸制度に関する調査・研究を行うとともに、政策提言や社会貢献活動などに取り組んでおります。

 我が国経済が緩やかに回復を続ける中、今後さらに経済の活性化を促し、持続的な成長に導くためには、住宅・都市分野の内需主導による成長戦略の推進が不可欠であり、大都市の国際競争力の強化や良好な住宅ストックの形成、低炭素型まちづくりを進めていく必要があります。

 日本の大都市の国際競争力を強化するためには、都市再生の推進により、世界中からヒト・モノ・カネ・情報を呼び込むことができる国際的なビジネス環境を整備するとともに、2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催も重要なターゲットとして見据えながら、魅力的なまちづくりを進めていく必要があります。同時に、都市の防災機能のさらなる強化を進めながら、ハード・ソフト両面から安全・安心なまちづくりを進めていくことも必要です。
 良好な住宅ストックの形成のためには、内需の柱である住宅投資を促進するとともに、住宅の質の向上を図りながら、世帯構成やライフスタイルの変化により多様化する住宅ニーズへ対応していくことが求められています。
 低炭素型まちづくりを推進する環境への取組みも重要なテーマです。2013年に施行された新たな省エネルギー基準への対応や、当協会の環境実行計画に基づき、会員企業の環境行動をより一層推進しながら、サステナブルなまちづくりに引き続き貢献してまいります。

 経済・社会のグローバル化や、少子高齢化を伴う人口減少が進展する中、日本経済の牽引役として、不動産業界に期待される役割はますます高まっています。引き続き、都市再生の推進や良好な住宅の供給を通じて、国民生活の向上と日本経済の持続的成長に寄与できるよう努めてまいります。