一般社団法人 不動産協会

環境・エネルギー面における取り組み目標について

不動産業環境実行計画~サステナブルなまちづくりに向けて~

  • 当協会では、平成25年3月21日に『不動産業環境実行計画~サステナブルなまちづくりに向けて~』を策定しました。この実行計画においては、「新築オフィスビルの開発」、「新築分譲マンションの開発」、「本社ビル等における自らの業務」といった不動産業における各事業活動に対して、エネルギー消費量の削減、エネルギー自立性の向上、廃棄物の削減、生物多様性の保全などに関する目標を設定しており、サステナブルなまちづくりに向けた会員企業の取組みを促進しています。
    こうした環境・エネルギー面での取組みを通じて地球規模での環境問題に貢献するとともに、先進的な取組みを積極的に共有・発信していくことで、会員企業の取組みが適切に評価される不動産市場を形成していくことが重要です。
    なお、実行計画は平成25年における策定後、数回の改定を重ねており、令和3年4月には、新たに新築オフィスビル等に関する目標を設定しました。
2021.04
プレスリリース (PDF:167KB) PDF

不動産業における脱炭素社会実現に向けた長期ビジョン

  • 2015年のパリ協定以降、ESGやSDGsといった機運の高まりや2050年カーボンニュートラル宣言など、国内外において脱炭素化社会実現に向けた様々な動きが加速しております。このような動向を踏まえ、当協会では、一般社団法人日本ビルヂング協会連合会とともに、2050年に向けて目指すべき方向性を整理した「不動産業における脱炭素社会実現に向けた長期ビジョン」を策定いたしました。
2021.04
プレスリリース (PDF:167KB) PDF
住まいのエコガイド(マンション編)

Get ADOBE READERPDF が表示されているファイルはPDF形式です。
ファイルをご覧・印刷いただくには「Adobe Reader」(無償配布)が必要です。
お持ちでない方はAdobe社のホームページからダウンロードしてご利用ください。